漬物に関する情報が満載!

漬物にはたくさんの種類があります

日常的に食事をしていると、漬物を食べる機会もかなりあります。
家での食事はもちろんですが、外食や購入するお弁当などにも入っているので、何がしかの形で漬物を味わっている事になります。
いろんなものがありますが、その種類に関しては作っている地方や食材、調味料などによってもかなり多種多様になっています。
バリエーションも豊かなので、少しずつ食べ比べてお気に入りの物を探してみるのも楽しいものです。
一番手軽な漬物としては、塩漬けがあります。
野菜に塩を揉みこんで作るので、すぐ作って食べられます。
ぬか漬けや酢漬け、粕漬け、麹に味噌に漬け込んだりといろんなものがあります。
また、発酵をするかどうかというような分類もありますので、それだけ漬物の世界は広いのだと感じることでしょう。
名前で探していけば、馴染み深いものも見つかるでしょう。
梅干しや白菜漬け、しば漬けなどはもう定番です。
たくあん漬けや奈良漬けなども、名前を聞いているだけでご飯が欲しくなってくるのではないでしょうか。
和食でも洋食でも、料理を問わずご飯に合うものばかりです。
野菜不足になりがちな食生活ですから、食事の彩りの一つとして、漬物をもっと活用してみましょう。

家庭での漬物の工夫

ご飯のお供や酒の肴、箸休めに欠かせない漬物。
漬物にはさまざまな種類があります。
食材を塩で漬けるもの、酢で漬けるもの、米糠を乳酸発酵させて作った糠床に漬けるもの、そして酒粕やみりん粕で漬けるものなどがあります。
種類によっては、「すぐき」のように乳酸発酵をさせた漬物もあります。
そのなかで、家でもっとも簡単に作ることができるのは浅漬けです。
いちばん基本的な浅漬けは、切った野菜の重さに対して2パーセントの重さの塩を振り、昆布といっしょに漬けるだけです。
漬けるのはジッパー付きビニール袋でもできますので、簡単で場所もとりません。
漬け込む時に唐辛子、生姜、みょうが、柚子、みりん、砂糖などを一緒に入れたり、漬かった後にごま、大葉、胡麻油などを加えたり、食材や工夫によってたくさんのバリエーションができます。
漬け方の工夫としては、押し寿司のように箱状のものに順番に詰めていくという方法もあります。
これは漬かった後崩さないように取り出してカットすると、断面がカラフルできれいな層になります。
酒肴として出す時などに最適です。
また、塩の代わりに塩麹を使用すると旨味がプラスされてまた違ったおいしさになります。
塩麹はものによって塩分が違いますので、何度か試して好みの割合を見つけると良いでしょう。

pickup

オメガ スピードマスター 買取
http://housekihiroba-kaitori.jp/%e8%85%95%e6%99%82%e8%a8%88%e8%b2%b7%e5%8f%96/%e3%82%aa%e3%83%a1%e3%82%ac/%e3%82%b9%e3%83%94%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc
割烹着
http://marufuku-online.com/
映像制作
http://www.mediaforyou.tv/
熊本地震の被害にあった犬・猫への寄付
http://npo-tsunagu.or.jp/
機械組立の仕上げをする
http://www.e-monozo.com/shopbrand/026/008/X/
padi ライセンス
http://www.eastdive.com/course/beginner/
サバイバルゲーム 千葉
http://www.greenzone-chiba.com/
成人式 前撮り 岡山
http://seijinshikimaedori-okayama.jp/

最終更新日:2016/9/23

Copyright 2015 あっさり?じっくり? All Rights Reserved.