漬物に関する情報が満載!

漬物の容器として最も適した瓶

漬物を瓶で漬けることで得られるメリットとして、臭いが容器に移らないことが重要です。
プラスティックの容器でラッキョウを漬ける場合には、臭いがしっかりと残るために、次に梅干しを漬けると台無しになります。
陶磁器の器の表面はガラス質な釉薬で覆われているために、耐水性が高くなり、臭いも付かなくなるわけです。
瓶は紫外線も中へ通さないですから、梅干しや沢庵を漬けるときにも重宝します。
漬物を保存するためには最高の容器となりますが、重いことが難点になります。
重さについては、小さいサイズを選ぶことで軽減することは可能です。
4人分ほどのぬか床を作る分には、小さなサイズでも十分です。
逆に大きすぎる容器に少しだけ漬物を作るようでは、余計な空気が入って管理が難しくなります。
梅雨の時期には瓶の中身を確認して、漬けている梅の具合を確かめる習慣があります。
梅酢が十分に上がってから梅雨明けになれば、土用干しを行います。
土用干しの梅干しを保存しておけば、夏バテ対策として利用できます。

漬物の長期保存に最適な瓶

清潔な瓶に入れて冷暗所に保管する漬物は、数ヶ月から数年間にわたって保存できるものです。
梅干しの場合には特に保存期間が長く、江戸時代のものが残っている例もあります。
長期の保存が可能なのは、漬け込みの過程で余計な水分を飛ばして、雑菌の繁殖を抑えているからです。
地下室があれば、漬物の保存にとって最適な環境になります。
地下の温度は一年を通して一定ですから、夏場でも品質の劣化を防ぎやすくなります。
漬物蔵に瓶を置く光景は今では稀ですが、冷蔵庫がない時代からの伝統として貴重です。
独特な光沢を持った陶磁器ですが、蓋はとてもずっしりとしています。
釉薬の色が茶色のものが多く、丸い造形も特徴的です。
最近ではプラスティックの容器が主流ですが、昔ながらの陶磁器の瓶の良さに魅了される人もいますから、完全に姿を消すことはありません。
他の容器にはない使いやすさがあるのも事実で、漬物の美味しさを引き出すために最適な容器となります。

注目サイト

グランドセイコー 買取

2017/6/8 更新

Copyright 2015 あっさり?じっくり? All Rights Reserved.