漬物に関する情報が満載!

漬物を積極的に食べるダイエットの魅力

漬物の材料はほとんどが野菜ですから、カロリーは非常に低くなります。
ダイエット中に食べるようにすれば、食物繊維の摂取量が大幅に増えて、便秘解消にもつながります。
生の野菜では大量に食べることが難しく、青臭みが残りやすくなります。
漬物にすることで、環境に応じて種類が変わる乳酸菌が活躍して、醸された風味が作られます。
発酵の作用によって、クセのある野菜を食べやすくすることも可能です。
サラダを作る代わりに、水菜などの葉野菜で浅漬けを作ることもおすすめです。
浅漬けも立派な漬物で、食物繊維の重要な補給源になります。
ぬか漬けは浅漬けでありながらも、十分に発酵された旨みも楽しめる料理です。
漬物ダイエットをする場合には、ぬか床があったほうが便利です。
季節の野菜を漬け込んでおけば、酵素の補給源にもなります。
大根などの根菜を漬けて食べれば、歯ごたえのおかげで満腹感も得やすくなります。
ご飯や肉よりも先に食べるようにすれば、糖質や脂肪の吸収も抑制できます。

旬の野菜を漬物にして利用するダイエット

漬物ダイエットを始めるときには、献立の構成を明確にする必要があります。
一汁三菜を基本として、品目数が豊富になるように配慮します。
主菜と副菜に加えて、香の物となるのが漬物です。
ダイエットの主役として使うのですから、沢庵漬けが2切れや3切れでは少なすぎます。
十分に効果を出すために、塩分は控えめで量が多い浅漬けを頻繁に作ることがおすすめです。
大根とニンジンは、軽く塩漬けにするだけでも美味しくなります。
サラダよりはしんなりとしていますから、一度にまとまった量を食べられます。
カブを漬物にするときには、葉も一緒に利用すると、栄養バランスが特に良くなります。
季節の旬の野菜を漬物にして、ダイエットで活用すれば効果を長く持続できます。
春には香りが素晴らしいカラシナを漬けて、夏にはナスやキュウリをぬか漬けにします。
秋から冬にかけては、白菜を浅漬けにしたり、キムチにして食べると健康的です。
古漬けになった沢庵漬けは、塩抜きをしてから油炒めにして食べることができます。

pickup

Last update:2017/8/17

Copyright 2015 あっさり?じっくり? All Rights Reserved.