漬物に関する情報が満載!

健康を支える栄養が豊富な漬物

塩分の摂り過ぎにさえ気をつければ、漬物は極めて健康的な食品です。
伝統的なものであれば、乳酸発酵によって豊かな旨みと酸味が生まれます。
沢庵漬けの場合には、枯草菌の作用によって自然に黄金色が作られ、生の大根よりも風味が抜群に良くなります。
本来は保存のために作られるのが漬物ですが、ビタミンB群などの栄養が特に多くなるため、昔は脚気予防のためのスタミナ食でもありました。
漬物の中でも、ぬか漬けは健康に特に良いことで人気です。
ぬか漬けの利点は、乳酸菌が豊富なぬか床を作っておくことで、短時間で野菜を美味しくできる点にあります。
きゅうりは栄養がほとんどないとされる野菜ですが、ぬか床で漬ければ、ビタミンやミネラルの宝庫になります。
セロリやキャベツなどの野菜を漬けても、すぐに醸された風味となって、青臭みは完全に消えてしまいます。
野菜の漬物は食物繊維の補給源にもなるため、便秘予防のためにも積極的に食べることが大切です。

健康に良い漬物の種類が豊富な日本

日本にある漬物の種類は非常に豊富で、世界に誇れる食文化を形成しています。
昔から健康のために作られていた食品としては、梅干しが特に有名です。
梅の実を塩で漬け込んでから土用干しにしただけですが、クエン酸やミネラルが豊富で、疲労回復のために重宝されてきました。
葉物野菜の漬物についても、日本の各地に名産があります。
信州には野沢菜があり、広島県には広島菜があります。
九州地方では高菜漬けが有名で、ラーメンの薬味としても用いられます。
大根の漬物の種類も多く、全国各地で特色があります。
秋田県においては、燻製にした大根を用いて沢庵漬けを作ります。
べったら漬けは江戸や東京の名産で、干し大根を塩と米麹で漬けて甘味を出しているのが特徴です。
各地で作られる漬物には、乳酸菌や酵素が大量に含まれています。
ぬか床の中では、膨大な数の乳酸菌が活動しています。
健康のために食べている人は、便秘で悩むことが少なく、美容の効果を得ていることも珍しくありません。

check

ダミアーニのジュエリーを高価で買取

最終更新日:2018/7/20

Copyright 2015 あっさり?じっくり? All Rights Reserved.